髭剃り負け - 新宿駅前クリニック for ビジネスパーソンズ|皮膚科・内科・泌尿器科

HOME アクセス 電話する

風邪の諸症状からおなかの不調、生活習慣病まで保険診療を中心に幅広く対応しています。急な体調不良やお仕事の合間にも通いやすいクリニックとして、多くのビジネスパーソンにご利用いただいています。

内科ブログ

髭剃り負け

サラリーマンであれば毎朝髭を剃ってから出社している方が大半ではないでしょうか?ビジネスシーンで髭を許容する企業も増えてきていますが、まだまだ少数です。脱毛をしていない限りは毎朝の日課といっても良い髭剃りですが、髭剃り負けに悩んでいる方も多いでしょう。そこで、今回は髭剃り負けの原因や対策について解説していきます。

髭剃り負けの原因

髭剃り負けの原因は大きく分けて3つです。
1つ目は肌が乾燥していることです。肌が乾燥しているとバリア機能が弱っている状態なので、その状態で髭を剃ってしまうと大きなダメージを負ってしまいます。特に冬場などの乾燥の時期はスキンケアをすることが重要です。
2つ目は電気シェーバーやカミソリの手入れ不足です。これらは消耗品であるため、定期的な手入れが必要です。しかし、手入れを怠ってしまうと刃に雑菌が繁殖してしまい、肌に雑菌を塗りつけているようなものです。清潔な状態も保つことが重要です。
3つ目が髭剃り後のアフターケアです。保湿をしっかりして清潔な電気シェーバーやカミソリを使用したとしても髭剃り後の肌は弱った状態になってしまうので、放置してしまうと髭剃り負けの原因となります。アフターケアをしっかりと行いましょう。

髭剃り負けしないための対策

髭剃り負けをしないためには日頃の保湿が大切です。肌が乾燥しないように化粧水や乳液を使って保湿をしていきましょう。その上でシェービングジェルやクリームを使用して肌への負担を減らすことが重要です。
また、カミソリの刃は定期的に交換しましょう。メーカーごとの交換時期をしっかりと守って使用することで肌への負担を減らすことができます。
さらに、髭剃り後には必ず保湿ケアをしましょう。普段使っている化粧水や乳液を髭剃り後も使用しましょう。

対策を行っても髭剃り負けをしてしまったら…

肌の弱い方は入念な対策をしても髭剃り負けをしてしまうことはあります。その場合には、薬を使用した治療をする必要があります。一番は病院に行って治療することです。乾燥肌やアトピー性皮膚炎が原因で髭剃り負けをしてしまう方は皮膚疾患の治療が先決です。処方された薬をしっかりと医師の指示通りしっかりと使用しましょう。
病院に行くのは気が引けるという方は、ドラッグストアで売っている一般用医薬品を使用しましょう。ドラッグストアには薬剤師や登録販売者がいるので、症状を伝えて適切な薬を選んでもらいましょう。