泌尿器科受診の方へ - 新宿駅前クリニック for ビジネスパーソンズ|皮膚科・内科・泌尿器科

HOME アクセス 電話する

泌尿器科受診の方へ

男性の性病、女性の膀胱炎などを保険診療を中心に診察を行っています。

新宿駅前クリニック泌尿器科では、男性の性病と女性の膀胱炎の診察を行っています。

なお、一般的に泌尿器科で診察される排尿障害(トイレが近い・尿もれ・尿が出にくいなど)、尿路結石、がん、健康診断後の再検査、勃起時の痛み・射精障害・射精痛などは対応しておりませんので、他院の泌尿器科を受診してください。

新宿駅徒歩1分。多数のビジネスパーソンが来院されています。

男性は10~50歳代の方、女性は膀胱炎になりやすい10~50歳代の方が多いです。
新宿駅周辺にお住まいの方はもちろん、新宿や代々木、都庁前方面にお勤めのビジネスマンの方々にも多くご利用いただいております。

仕事の昼休みなどに予約なしでも受診

ご予約は不要ですので、気になる症状がある場合にはなるべく早めの受診をおすすめします。
ちなみに、10時~13時45分までは比較的空いており、短い待ち時間で診察を受けることが可能な場合が多いです。
一方、18時以降は混み合うことが多いですので、ご承知ください。
なお、ホームページから問診票をダウンロードしていただき、あらかじめご記入いただきましたものをご持参いただきますと、待ち時間が若干短くなります。

プライバシーに配慮した待合室・診察室

新宿駅前クリニックの待合室は科の区切りがないため、患者さまがどの科を受診されているのかわからないようになっています。
また、診察室の扉には番号が書かれているだけで、診療科目は書かれていません。

受診に抵抗がある患者さまも多いかと思いますが、病気を放置すると症状が悪化する可能性があります。
早期受診が早期治療につながりますので、お早めの受診をおすすめいたします。

保険診療を中心に幅広い範囲の疾患に対応

尿道の痛みやかゆみ、尿道から分泌物がある場合、性器の痛みやかゆみ、しこり、できものなどの症状が認められれば、原則として保険適応となり保健診療を行うことができます。
受診時には健康保険証・医療証等を忘れずにご持参ください。

なお、ヘルペス抗体検査やHIV抗体検査など一部の検査につきましては、病気の症状の有無にかかわらず保険適応外となります。
その他、病気の自覚症状がない場合には、診察代・検査代・治療代が全て自費となります。

対応が難しい疾患や不妊治療等については、専門クリニックを紹介します

女性の性病の診察や不妊治療等については、専門クリニックを紹介いたします。